HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >  自動車保険 - アクサダイレクト

自動車保険 - アクサダイレクト

アクサダイレクト概要

パリに本拠を置くアクサは世界50カ国で5000万人の顧客を抱える世界最大級の保険・金融グループ。正式名称「アクサ損害保険株式会社」。
よくインターネットで見積できるような保険会社の保険料金(掛け金)は安いと聞きますが、アクサダイレクトも通信販売型の保険と言うことになります。
会社からお客様に直接つながるので中間マージンがカットされることに起因します。
通常は会社⇔支店・支社⇔営業所⇔お客様担当等⇔お客様というややこしい経路を通っていますが、「支店・支社⇔営業所⇔お客様担当等」が抜け、その中間が無いためコスト削減になっています。

またもう一つの特徴として、車の使用目的、車の年式、免許証の色、年齢、車種などさまざまな要素で各個人個人で金額が異なりお客様にピッタリ合った保険金額が提示されます。
これがリスク細分型自動車保険。個人個人でそれぞれ保険内容が違うため、無駄を省き、保険金額は抑えられるけどしっかりサポートしてもらえる保険内容。

どんなサービス?  サービス内容詳細

主なサービス内容

対人賠償保険は自賠責保険でまかなえない部分を保証します。そしてどのプランも無制限。
対物賠償保険、1000万円、2000万円、無制限の3種類。
例1東京在住で30歳でカローラに乗っているAさんは、対物1000万円から無制限に変えるには年間1320円の負担で可能。
搭乗者障害保険のタイプは、500万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円となります。

車両保険内容

一般車両保険の場合、「他の車との接触・衝突事故」「火災・盗難など」「単独事故」とそして、車対車+A車両保険の場合、「他の車との接触・衝突事故」「火災・盗難など」「単独事故」。「単独事故」が内分価格を控えます。アクサダイレクトでは幅広く車両を守る前者の一般車両保険をオススメしています。

人身障害保証

この人身障害保証とは運転者や乗車中の方が事故で死亡されたときや後遺障害または怪我を負ったときにカバーするものです。
通常過失割り合いで給付金額が違いますが、この保証は過失割合には無関係に全額保証されると言うものです。そして搭乗者障害保証とは別枠で保証されると言うのも大きな特長です。
保険金額は3,000万円から1億円まで1,000万円単位で設定が可能です。
示談の解決を待たずに保険金が受け取れる。
歩行中や他の車に搭乗中の事故も幅広く保証!

事故のときのサポート

まずは24時間365日事故・故障が発生した場合でも全力でサポートしてくれます。
対人・対物事故の示談は専任のスタッフがお客様に代わって交渉してくれます。
歩行中の事故も専任のスタッフが相手方との対応について細かくアドバイスをしてくれます。

ロードサイドサービス

全ての保険に自動で付帯されるサービスです。バッテリー上がりやガス欠、鍵の閉じ込めなど24時間365日対応してくれるサービス。自宅で起こっても駆けつけてくれるのはアクサが国内初。ちなみにアシスタンスサービスを利用しても翌年の保険料上乗せは一切無し。

インターネット割引でかなりお得 [インターネット割引の条件]

ホームページでお申込みいただくと、最大4,500円のインターネット割引!
一括払いの場合
・年間保険料が50,000円以上・・・4,500円割引
・年間保険料が30,000円以上、50,000円未満・・・3,500円割引
・年間保険料が30,000円未満・・・2,500円割引
分割払いの場合
・合計年間保険料が52,560円以上・・・4,500円割引
・合計年間保険料が31,560円以上、52,560円未満・・・3,500円割引
・合計年間保険料が31,560円未満・・・2,500円割引
※但し、分割払いの場合は、一括払いの年間保険料から分割保険料の計算を行うため、割引の条件がごく一部のケースで異なる場合があります。

こちらからアクサダイレクトオンライン見積り

自動車保険の比較をするには

上記は「アクサダイレクト」による自動車保険の内容を説明しました。
しかしいろいろな自動車保険を比較するサイトもあります。
保険スクエアbang! は無料で最大15社の自動車保険を一括見積もり請求することができます。同じ条件で数社比較することによりそれぞれにあった内容の保険をチョイスすることができます。
上記のアクサダイレクトのほかに、「チューリッヒ」「ゼネラリ」「セコム損保」「アメリカンホーム・ダイレクト」「ソニー損保」「そんぽ24」「三井住友海上」「AIU」「あいおい損保」「富士火災」「日本興亜損保」「東京海上日動」。

同じような保険内容でも保険会社によって大分金額に違いが出ますし、事故時の対応にも差が出ます。
特に顧客満足度などは実際に事故にあってみないと分からないのが実情ですから、保険スクエアbang! での調査結果も非常に参考になるところです。
あとは各自の都合により保険内容も当然違いますし、金額も違ってくるので数社を比較して一番良い保険を選びましょう。 ※比較の際には車検証・保険証券・免許証をご用意頂くとスムースです。

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.