HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >  高速道路や車社会に関するコラム  >  運転マナーについて

運転マナーについて

危ない運転手

トラックを運転していていつも思うのですが、意外と運転マナーが悪い人のクルマの挙動分かれます。ビュンビュン飛ばす派とオットリ走る派です。
ビュンビュン飛ばす派は説明することもあまり無いと思いますが、無理な割り込み・ウインカーを出さずに車線変更・速度超過は当たり前などなど・・・しかし明らかに危ないクルマと見た目で分かるので、なるべく近寄らないようにすれば意外と大丈夫だし視線に入ると警戒します。早い話が非常にわかりやすい。

それに比べて意外とタチが悪いのは、走り方はオットリしているけど危ないクルマ。
これどういうことかといいますと、走る速度はほとんど法定速度をキープしています。例えば50キロの制限速度ならそのくらいかそれ以下(40キロくらい)で走っています。道にもよりますがこのくらいだと遅く感じます。
ここで法定速度を守らないようにしようと言うつもりはありませんが、要は流れに乗っていないクルマということです。
しかし言いたいのはそういうことではなくオットリ走るクルマ。つまり流れに乗らないクルマの挙動は意外と危ないです。

流れに乗らないから危ないということでは無く、そういうクルマに限ってウインカーを出さずにのんびりと車線変更。
例えば体験談で言うと僕の前にギリギリで割り込み、一瞬ガクっと急ブレーキをかけました。クラクションを鳴らそうかとも思いましたが、焦るのが先でした。元々ミラーを見ていないんだなと思いクラクションを鳴らしてもしょうがないと思って止めておきました。
そのクルマ、なんとウインカーを出さないで右折していきました!
とこれは実は昨日のことですが、今日も同じ様にオットリしているクルマで対抗車線からクルマが来ているにも関わらずギリギリで右折していきました。僕はその後ろを走っていたので「危ないことするな〜」と思いながら見ていましたがこういう例は意外と多くて、ゆっくり走っているクルマが速度を落とさずにのんびりと信号無視などなど、よく事故らないもんだと半ば感心します。
前にそういうクルマが走っていると危ないので、2車線あるところでは真っ先に抜かしたいところですがいかんせん1車線の黄色い車線ではどうすることもできません。

やはり運転はメリハリが大事。譲るところは譲り、止まるところは止まる。走るときは走る。

タバコのポイ捨て

何を考えながら運転しているのか分からない運転手はマナー違反というよりは”危ない”といった方がいいですが、こちらは危ないということではありませんがぜひ止めたいのが「タバコのポイ捨て」。
歩きタバコなら捨て場所に困ってとか、ある程度は分かりますが、なんででしょうね?クルマにはちゃんと灰皿がついているはずなんですが、吸い終わったらわざわざ車外に捨てる人が多すぎますね!「そんなに街を汚したいの?」とか「どうして灰皿を使わないの?」とか問いたくなります。
吸い終わったらポイっと捨てるのが、多分気分が良いんでしょうか。ひょっとしてカッコイイつもりでいるのかもしれません。しかし全然カッコ良くありません。いますぐに止めましょう。

運転マナーの悪い県ワースト1

ちなみに一番運転マナーが悪いのは大阪だそうです。
http://news.goo.ne.jp/hatake/20071203/kiji429.html
1ページで決められないと思いますが、かなりサイトが大阪を挙げています。自己中なのかど根性なのかといったところでしょう。

バイクの運転マナー

バイクの運転手の運転マナーは意外と二極化に分かれるような気がします。
ウインカーを出さずに平気ですいすい車線変更する、自転車に乗っているのと勘違いをしているような人。タバコを吸いながら走り、吸い終わればタバコを投げる人。
という人がいると思えば、危ない追越をすることも無くウインカーを出してからしっかりと車線変更。しっかりした運転している人は大型のバイクの乗っている人が多いですね。大型のみならず丁寧に運転している人はどうしてかカッコイイんですよね。

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.