HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >   高速道路や車社会に関するコラム  >  バーのタイミングが遅れます

バーのタイミングが遅れます

ETCレーンの開閉バーのタイミングが遅れて開くことになります

中央道を走っていると、「開閉バーのタイミングが遅れてます」との表示を目にするようになりました。
何気にテレビニュースを見ていると、その報道がピックアップされていました。
早い話、開閉バーのタイミングを遅らせることで「もう少し遅く進入しないとバーにぶつかるから、速度を控えてください」という苦肉の処置です。
ほとんど20km/hで進入しているクルマは少なく、目視で40km/h位がほとんどです。それでも難なく通過できるETCなので極力速度は落としたくないという気持ちはよく理解できます。
記事引用:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081122-OYT1T00527.htm
高速道路のノンストップ自動料金収受システム(ETC)レーンでの追突、接触事故を減らすため、中日本高速道路(名古屋市)は、東名、名神、中央道など管轄する1都11県のすべてのETC料金所(226か所)で、開閉バーを上げるタイミングを現在よりも0・5〜1秒程度遅らせる。

 運転者に通過時の速度を落としてもらうのが狙いで、25日から段階的に始め、来月12日までに完了させる。

 ETCレーンでは、通過車両の車載器からの無線信号を料金所に設置されたセンサーが感知すると自動的に開閉バーが上がる。

 同社によると、ETCレーン内の通行速度は時速20キロ以下とされているが、これを上回る速度で通過する車両が多く、レーン内での事故のほとんどは速度超過が原因とみられる。

 昨年秋から北陸道の料金所で試験的に実施したところ、今年9月のバーへの接触事故は前年同月比25%減の598件に減少、レーン通過車両の平均速度は32キロから27キロに落ちたという。

 東日本、西日本高速道路も一部地域で同様の試みを進めている。
テレビのニュースによると感知してからレーンが車載器を感知してから、開くまでに3秒といいます。それを0・5〜1秒程度遅らせるとありますから意外と大きいとは思いますね。しかし余計バーにぶつかる可能性を高めているのではないか?との疑問視する声もあるようで、賛否両論だということです。

実際僕も通過してみましたが、レーンに入って20km/h以下だとほとんど実感するような感じではないですね。「??・・・いつもより若干遅くなっているのかな?」という感覚はありましたが・・・いつも高速で入っている人だと分かるのでしょうが、正直はっきりとは分かりませんでした。

告知はもっとするべき

トラックやタクシーなど業務で高速道路を使っている人なら、そういう情報には敏感になっているもので知っているでしょうが、SA・PAなどのポスターでも広く告知をしないと正直危ないですよね(^^;
多分知らない人が多いと思いますから。
今までと同じ感覚で突っ込んだらおっと!ということになりかねない。

【 12月02日追記 】
昨日高速道路に入るときに、今までより遅れていることを確認しました。
この記事では、「正直はっきりとは分かりませんでした。」と書いていますが、ニュースでは「順次変更する」みたいなことを言っていたのでひょっとしてまだかな?と思っていましたが、このページを作成した時点ではまだのようでした。

体験した感想は正直、遅いです!これはあまりスピードを出さない方がいいです。0.5秒から1秒遅れているという知らせですが、感覚的に1秒に近いほうだったと思いますが、おっと!という感じです。
速度は20km/h以下での進入ですから、この倍出ているとブレーキを踏まないとならなくなりますね。

いままで高速で進入していた人が、知らないでそのまま進入すると事故に直結しそうなタイミングです。だいぶ掛けにでたような気がしますね。しばらく動向を見ていきたいと思います。

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.