HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >   高速道路や車社会に関するコラム  >  助成制度が2009年3月に復活する!

助成制度が2009年3月に復活する!

再度ETC助成制度が復活します

Yahoo!トピックを見ていたらなんと!ETCの助成制度が来月の3月に復活します。以下記事を引用
記事引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000009-mai-soci
政府が3月に経済対策として実施する高速道路料金引き下げに合わせ、国土交通省は27日、自動料金収受システム(ETC)の新規購入者に対し、100万台分(約50億円)の助成を実施することにした。3月下旬以降、数回に分け実施する。1台当たり5250円で、05〜07年度に実施された助成と同額になる。取り付け費用などを含めたETCの市場価格は2万円程度で、購入者の自己負担は4分の3に軽減される。

 助成の財源は、13年度までに解散する同省所管の財団法人「高速道路交流推進財団」の保有資産を活用する。

 1月末現在の全国のETC搭載車は約2260万台で全体の約3割。ETC搭載車に限定される高速道路料金引き下げに便乗することで、搭載率アップを狙う。同省幹部は「高速道路利用者への利益還元になる」と説明している。【高橋昌紀】
ところで説明文の中に「全国のETC搭載車は約2260万台で全体の約3割。」とあると思いますが、これは多分ですが、一般車の割合とはどこにも書いていないのでタクシーとかトラック、はたまたバスなどの営業者を含めた数字だと思います。

高速を走っていての実感ですが、この営業者の割合はすごく多いといます。夜間などほとんど高速はトラックしか走っていない状況のときも考えると3割の中の営業者の割合も決して無視できないですよね。
つまり一般者のETC普及率は実はそんなに多くはないんじゃないと、言う気がします。
これだけETCが一般に利用されてくるようになったと思ったら実はまだ3割だったのです。そして一般者の利用はさらに少なくなる。高速をほとんど利用していない人はお金を払ってまで、ETCを取り付ける必要はないわけで、まだまだ利用者は少ないのでしょうね。

助成制度はなぜ断続的に?

数回に分けて実施すると書いてありますが、アメリカではほぼ無料でETCが取り付けできる状況を考えると、せこいやり方のような気がしますね。
国内ではニュースにもあるように、ETC本体、取り付け費用、セットアップ費用あわせてやはり2万円前後は掛かってしまいます。正直高いんです!
助成制度といっても4分の1を軽減する程度で、さらに断続的にしかやらないやり方が残念です。
どうせなら100%近く普及するまで、助成制度を続ければいいと思いますがね・・・

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.