HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >  ETCの基礎知識(概要)  >  ETCとは?

ETCとは?

ETCとは?

ETCの正式名『Electronic Toll Collection』
電子の働きによって(Electronic)道路通行料・渡橋料など(Toll)を清算・収集しますよ(Collection)といった意味合いの言葉です。
高速道路を利用するには料金所を必ず通らなければならず、料金所で高速料金の精算を、現金で行なっていました。しかし清算を行なう際、どうしても停車することとなりそれが原因で列ができ、それが長くなると渋滞となり、高速道路の渋滞のうち3割は料金所で起こっているといわれています。
私は感覚的にいうと3割どころか、もっと高い率を占めているのではないかと言う感覚があります。

高速道路の渋滞には、自然渋滞もありますし、事故による渋滞もあります。しかし交通量が多くなると必ずといっていいほど料金所で列ができています。渋滞とは行かなくても混んでくると多かれ少なかれ料金所で待たされます。時間帯によっては毎日のように料金所の手前は長い列ができているところあります。それを通らなければ先へは進めませんが、うんざりしてくるのも正直なところです。

それを解消するのがETCです。

ETCは車に搭載した車載器により無線で料金所と連絡を取り、車を停車させることなく料金の支払いが可能となります。それによりETCレーンでは、事故でもおきない限り渋滞が起こることはありません。一般レーンが込んでてもETCレーンには車が繋がることがないのですから、快適というしかありません。

ETCの使用できない料金所は少なくなり、ほとんどの料金所で清算できるようになりました。仮にETC対応ではない料金所でもカードを差し出すことによりETCを利用したことと同様のサービスを受けることが可能となります。

有料道路の多くは使用できません

各高速道路会社以外の管理会社による一般有料道路の多くは、ETC利用はできません。ただ今後は増えていくと予想されますし、一部ETCの利用をはじめている有料道路もあるようです。
割引などのサービスも各道路が独自に打ち出し、利用者に還元することを期待しますが、まだまだETC導入率が低いのは、小規模の道路会社ではETCの導入資本が間に合わないと推測できます。

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.