HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >  ETCの利用方法  >  レーンを事前にチェックする

レーンを事前にチェックする

標識を見逃さないように

高速の料金所に入る前に、必ずETC対応レーンの標識が用意されています。
そうして標識が用意されているかと言いますと、高速道路に入る前ってカーブが多いですよね。カーブを登っていき、行き着いたところでパッと料金所やゲートが現れる。大体はそんな感じだと思います。走っていると料金所やゲートがパッと現れた時点で、どのレーンに入ろうか迷う時間がないのです。
もし寸前で「あ、ETCは左だ!」とか「こっちだこっち!」とかやっていたら、他の車も通っているわけですし、事故に直結してしまいます。
そこで、ETCレーンが用意されている料金所やゲートではどのレーンを通ればいいのか事前に分かるように、手前で標識が用意されています。

例えば2レーン中右側へ

例えば料金所入り口が2レーンあったとしてそのうちの右側がETCレーンの場合には下記の画像・・・



丁度ゲート手前200メートル位の位置に設置されている標識です。これを見逃さなければ、ゲート直前になって慌てる必要がありません。
もっとも、事前にスピードをひかえめにしていれば、上記のように・・・そこまで慌てないで済みますが、事前にチェックしておけばなおスムーズにゲートに侵入できます。
[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.