HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >   首都高利用について  >  首都高サイトを確認しよう

首都高サイトを確認しよう

いろいろなことが分かる首都高サイト

首都高速道路株式会社|首都高ホームページ
そこで意外と見ていて面白いのが、「お問い合わせ・Q&A
面白いと言えば御幣がありますが、疑問を解決する上でQ&Aを覗いて見るのはためになります。
そのなかで幾つか拾ってみると例えば

首都高が無料になる日はいつ?

首都高速道路は、いつ無料になるのですか?
うむ、首都高が出来た当時建設費用の元を取ったら無料になるという話を聞いたことがある人も多いでしょう。
そのことについて「首都高をはじめとする有料道路は、借入金を用いて建設し、道路の完成後は一定の期間内の料金収入でその借入金を返済するしくみとなっています。民営化のための大きな議論を経て、2003年12月の民営化方針と2005年の民営化法により、民営化45年後の2050年に無料化することになりました。これは、NEXCO東・中・西日本、阪神高速、本四高速も同じです。」としています。
首都高は2005年に民営化し、その際に取り決めたのが「償還主義」だそう。「償還主義」とは民営化した会社成立から45年間でリース料と管理費を返済して債務を完済したら無料になる、と言うこと。要は借金を返したら無料になるのだそう。その額15.9兆円。
ここにその記事が
うむ、そういうことだったのか・・・無料になるのは2050年です。
事情により変動する恐れがありますが。

首都高がETC普及を急ぐ理由

なぜETCの普及を急ぐのですか。また、その促進策は何ですか。
「現在、首都高速道路では概ね10台のうち7台のお客様にETCをご利用いただいておりますが、当社では平成20年春の目標であるETC利用率 85%に向けて、更なるETCの普及を目指しています。これは、ETCにはお客様や沿道地域の住民の方々に対する以下のようなメリットがあるためです。」
(1) 料金所をキャッシュレス、渋滞無しで料金所を通過(便利で快適)
(2) 料金所渋滞の緩和による周辺環境の改善(地球にやさしい)
(3) 多様で弾力的な料金割引によるサービス向上(お得)
(4) 料金収受業務に係る管理コスト削減(合理化による料金抑制)
また「ETC取付のボトルネックである「高い。面倒。領収書。」解消のために「安い。簡単。プリンター。」をスローガンとして」・・・

安い・早い・うまいでは何処かの牛丼屋さんですが、首都高にもそんなスローガンがあったのです。

首都高の渋滞対策について

渋滞を解消するために、どんな対策に取り組んでいるのですか?
「弊社では、都心環状線の交通を迂回・分散させる中央環状線の整備が渋滞解消の抜本的対策と考えており、現在、建設に全力を注いでいます。」
中央環状線とは、”C2”のことです。
僕は木場〜4号線(中央道)に抜けるのに新宿・代々木・外苑あたりで渋滞しているとき少し遠回りですが、C2を使う時もあります。
神田橋JCT〜三宅坂JCTまでは交通量が集中しやすいのでどうしても混雑してしまいますが、C2を利用することにより避けることが出来ますし、首都高側もそれらを利用してもらうことによって中心部の交通集中を分散しようという狙いがあるようです。
ちなみに、4号線〜3号線を結ぶ工事を行なっているようですが、21年度完成予定です。

首都高地図

下の画像は首都高地図のキャプチャ画像です。

首都高地図 各インターをクリックすると詳細な地図が出てきます。どういうインターがあるのか見ておくにも知っておきたいコンテンツです。

首都高経路所要時間案内

首都高サイトで最も便利なのが、この「首都高経路所要時間案内」。
各インターをクリックし、出発地点を到着地点を決めて検索すると、走行距離・所要時間・CO2排出量などの情報を教えてくれます。非常に便利。
渋滞をどう避けていくか、首都高とのうまい付き合い方が見えてきます。
首都高渋滞との付き合いかたで説明しています。

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.