HOMEへ
ETCってお得なの?ETCを取り付けたらどんなメリットあるの?
カードを作りたいけど、どれがいいの?
などETCのお得を考え、割引サービス、一番お得なETCカード比較などを行なう情報サイトです。
 
 
ETCコンテンツ
各高速道路別割引き情報
お得なETCカード比較
ガソリン代がお得になる
HOME  >  ETC利用の注意点  >  ETCレーンの進入速度について

ETCレーンの進入速度について

ETCレーンの通過時の規定速度

ETCレーンを通過するときには規定の速度が存在しますが、それは20km/h以下です。
20km/hというのは、少しブレーキをかけただけで停車するスピードです。一般道などで20km/hを意識して走行することがあまりないと思いますので、駐車場など障害物が少ない安全な場所で確認をしてみてはいかがでしょうか。

20km/hで走行していれば、レーン内で異常が発生したと認識しブレーキをかけてもそれほど慌てる事がなく停車することができます。開閉バーギリギリに止まるというこもなく、スムーズに止まります。

しかしその速度でETCレーンを通過している車をほとんど見かけません。40km/hか50km/hくらいで通過していく車が多いと思います。
首都高などの狭い入り口ではスピードダウンするものですが、いくつものレーンがある広い料金所ではただ通過するだけなので、スピードダウンしない車が多いようです。

レーンの中の減速加減

出入り口ではなく、高速道の途中に設置されている料金所は、とくに減速しないでレーンを通過する車を見るといいましたが、中にはブレーキをかけないで、エンジンブレーキのみの減速で通過していく車もあります。できる限り減速したくないという心理は理解できますが、50km/h以上で走行するときに仮に開閉バーもしが開かなかったとしたら、急ブレーキをかけても間に合わないスピードでしょう。
その前にETCを感知してから実際バーが開くまでにちょっとしたタイムラグがあり、その間にもバーに近づいています。あまりスピードを出すとタイムラグ中にバーに当たってしまうとも限りません。料金所よっては、そのタイムラグに差を感じます。

また自分もスピードを出しているときは後続車もスピードを出している可能性が大と言うことを念頭に置く必要があります。 バーに突っ込み、さらには追突されるという事故を起こす可能性があります。

これは私が運送会社に勤めているから知ったことなのですが、レーンの進入速度はしっかりと記録されています。ある運転手がほとんど減速しないでレーンを通過していることに対し、道路管理会社から警告を受けたことがありました。道路管会社曰く「あまり危険な行為を繰り返すと割引をすることができません」と言われました。なんと!割引がつかえなくなってしまうとのことです。
一般には割引がつかえなくなるかどうかは、分かりませんが、あまり無謀なスピードで通過していると連絡が来るかもしれませんね。

クラクションを鳴らされる

ETC専用レーンとETC/一般レーンがある高速道の入り口で、私はETC専用レーンを通過しました。そして後方の車がETC/一般レーンを通過。

メーターはとくに見ていませんが、私はスピードを控えめに料金所を通過します。料金所を通過し後方にいた車が同じ方向に進みたいのか、私の車の真横にピッタリとくっついてきたと思ったら、いきなりクラクションを鳴らし始めました。

多分私の前に出たかったのでしょう。それが間に合わなかったから苛立ってクラクションを鳴らしたのだと思いますが、気持ちは分かりますが少し落ち着いて運転して欲しいものです。急いでいたとしても本線にでてから抜かしていっても間に合うはずですからね。

20km/hでは怖い!?

といっている私も正直言いますと以前は20km/hでは、通過していない時期がありました。
ですから私が”20km/h厳守です”というのもおかしな話ですが、それにしても、あまりスピードがでていると危険と言うことは言い切れます。

ただ1ついえることは20km/h以下で通過すると、追突されそうで正直怖いのです。ですからハザードをたいて通過しています。20km/h以下ということは15km/h付近で通過すると言うことです。
直前まで80km/h〜90km/h位で走っていた車が、一気にその速度まで落とすわけですから、考え方によっては危険行為となるはずです。

一般レーンならば停止しなければ手続きを行なえないので、「車を止める」ことが当たり前になっていますが、速度を落とさなくても料金手続きを行なえてしまうETCでは、急激に速度を落とすことが当たり前ではないためです。

みんなが同時に20km/h以下で通過するようになれば、危険ではなくなり、逆に安全速度として認識されるようになります。

[PR]
全部で6種類から選べる当サイトがオススメするETCカード一覧はこちら!

スポンサードリンク
 
「なるほど!ETC」はETCを利用する方のオールガイドを目指しています。情報には万全を期していますが、個人で運営・管理をしていますので、間違えがないとも限りません。利用・判断は個人の責任において行動していただくようお願いいたします。
Copyright© 2007 なるほど!ETC. All rights reserved.